実の父親に求められて体を許してしまう大槻ひびきの官能的な1日

近親相姦

ここに動画or画像リンクが表示されます。
×

ごく一般的な家族の一員だった大槻ひびきは、ある日、久しぶりに実家に帰ると実の父親である男に性的な関係を求められてしまう。断りきれなかった彼女はついに父親に体を許してしまうと、徐々に倫理観が消えていってしまい、ついには自ら積極的に性欲を発散し始める。発情した大槻ひびきと父親は何度も交わりセックスを重ねてしまう。